用語解説用の簡易プラスチック便覧 


プラスチックとは

 ゴムのような弾性体(エラスチック elastic)に対し、外力や熱によって流れ、分子と分子の間に滑りを生じ、変形を加えられたまま元に戻らない性質(可塑性)をもつ物質を言う。一般に可塑性を持つ高分子物質のうち、合成ゴム、合成繊維を除き、合成樹脂、セルロイド、カゼイン等、熱加工の容易な物を言う。(熱可塑性樹脂

 フェノール樹脂やユリア樹脂のような可塑性を持たない熱硬化性樹脂は、厳密にはプラスチックといえないが、通常これらも含めてプラスチックと呼んでいる。

プラスチック|合成樹脂

熱可塑性樹脂

非結晶性樹脂

ポリ塩化ビニル、ポリビニル ブチラール、ポリブニルアルコール、ポリ塩化ビニリデン、ポリ酢酸ビニル、ポリビニルホルマール、 ポリビニルアセタール、ポリスチレン、AS樹脂、ABS樹脂、 メタクリル樹脂、ポリカーボネート、ポリフェニレンオキサイド、ポリスルホン、セルロイド

結晶性樹脂

ポリエチレン、ポリプロピレン、フッ素樹脂、ポリアミド、ポリアセタール、飽和ポリエステル

熱硬化性樹脂

フェノール樹脂、ユリア樹脂、メラミン樹脂、エポキシ樹脂、アルキド樹脂、不飽和ポリエステル樹脂、ジアリルフタレート樹脂

熱可塑性樹脂

 概して固形状の合成高分子物質で、加熱すると軟化して流動し、冷却すると再び硬くなる性質(熱可塑性)を示す特徴があり、加熱による流動を利用して成形加工する。冷却されると再び固化し、この間に化学変化を伴わない。その為繰り返し利用が可能で、スクラップ利用が出来る。代表的な物に、塩化ビニル樹脂、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレン、ナイロンなど多くの物が数えられる。

熱硬化性樹脂

 最初は低分子であるが、慣用的には、単に熱だけに限らず、触媒、紫外線あるいは放射能などの作用によって、化学変化を起こして橋かけ結合が発達し、分子量が増大して、三次元網状構造を持つ高分子となり、硬化して永久に不融、不溶性となる合成樹脂。フェノール樹脂、ユリア樹脂、メラミン樹脂、エポキシ樹脂、アルキド樹脂、不飽和ポリエステル樹脂、ジアリルフタレート樹脂及び珪素樹脂の一部などがこれに属する。

非結晶性樹脂

 分子の形状、分子相互の配列が、全く無秩序であるような状態にある高分子物質。通常は透明。二次転移点(ガラス転移点)のみを示す。

 

結晶性樹脂

 分子が規則的に配列しやすい樹脂。一次転移点(融点)と二次転移点(ガラス転移点)を持つ。 結晶化度が高いほど、硬度、弾性率強度などの物性が向上し、透明性は低下していく傾向にある。

 
現在項目追加制作中

ボタンをクリックすれば樹脂略称一覧表が見れます。

プラスチック全般に関する伝言板、Q&Aのページに行けます。


で世界中のプラスチック関連のサイトにアクセスできます。


  付録

SD,SF,SFDに関するよくあるQ&A

1.板にはなぜ静電気が発生するのですか

 静電気は摩擦により全ての物資に発生します。固有抵抗値の小さな物質に発生した静電気 は流れて(放電)帯電せず身体では感じません。固有抵抗値の大きな物質に発生した静電気は流れず蓄積帯電されます。

2.帯電防止と制電・導電・除電はどのように違うのですか

3.テクノプレート(SD・SF・導電板)のライフ

4.水滴や結露がついても効果は変わりませんか

 普通の水は導体なので、SD,SFプレート共に性能に影響は受けません。(純水は影響を 受け低下する。)

5.帯電防止・シールド効果の限界はありますか

 物質の表面、体積固有抵抗率の違いにより静電気の減衰時間は異なります。物質の固有抵抗率を上げて行くと、帯電防止されている、されないの限界がわかりますが、106~8の一定の品質であれば帯電防止の限界はありません。(帯電防止の限界という表し方はなく、減衰時間で表します。)

 シールド性能は、プレートにインサートされるネットの糸の太さ及び単位当たりの網目の数(本/in)で決められます。SFプレートの性能は説明書グラフの数値が各波長のシールド限界です。

6.限界を超えるとどうなりますか

 説明書グラフの数値が各波長のシールド限界で一部は透過させる事を表しています。(ネットのメッキ材をプラチナ、金等に替えれば性能はアップします。)

7.アースの必要性

 SDプレートは発生した静電気が大気中に放電されますのでアースを取る必要はありません。(真空中ではアースが必要です。)

 SFプレートはインサートされているネットの電波吸収量に限界がありアースを取らなければ継続的電波のシールドは出来ません。

8.アースの取り方・穴を空けてもシールド効果はありますか

 プラスチックが電波をシールドするのではなくインサートされたネットが電波をシールドするので適切な穴で穴の廻りのネットを金属止具で面で固定してアースを取れば性能は低下しません。

9.帯電防止面、シールド面の清掃に使用してはいけない薬品・よい薬品

 酸、アルカリ性のもの及び原板(PVC)が冒される物質の使用は避けて下さい。

10.フィルム・シールドネットの変色は起きないのですか(長期使用・紫外線等)

 材質劣化、酸化は自然に進み変色は起こります。

11.表面固有抵抗率・体積固有抵抗率・飽和帯電圧・半減期とは

12.帯電防止面に傷等が入った場合の補修(ASコートで充分?)

 SDプレートの抵抗設定値(106〜8Ω/口)同等以下の導電性補修液で傷を覆えば補修出 来ます。

13.帯電防止面の接着強度はどの程度落ちるのか

 SDプレートはPVCの表面に無機物質がコートされているのでPVCとの溶着は出来ません。コート剤を剥がして溶着して下さい。

14.シールド板でシールド出来ない電波・電磁波は

 説明書グラフの数値、波長のシールドが限界です。

15.シールドのネットが切れることは、又切れたときのシールド効果は下がりますか

 SFプレートの表面は100〜135本/inの糸で網目に配線されていると考えて下さい。断線しても網目が孤立状態にならなければ性能はあまり低下しません。

16.シールド板の補修は可能か

 孤立した、又は欠落したネットの補修は出来ません。

17.シールド板でボックスをつくるときに接着部分にシールド効果を出すには

 ネット面どうしで接着するか、ネットと金属を密着させ固定する方法を使わないと効果はありません。

18.#6120の接着強度は

 #6120品はカーボン練り込みですから溶着可能で強度もあまり低下しません。

19.#6120にもアースは必要ですか

 #6120品は表面、体積固有抵抗率共同じで108Ω/口以下ですから、静電気は大気中に放電され帯電しません。静電気は大気中で自然に減衰するのでアースはいりません。

 


目  次

会社概況

沿  革

ホームページ

設備装置

製造品目

カルチャーセンター

お問合わせ